元・不登校でも、幸せです

元・不登校が、不登校支援のNPO設立!? 「ゆとりある」代表くげぬまによる個人ブログです。

適応指導教室の話 ~その1 通い始め編~

こんにちは!

 

不登校だった人、くげぬまです!

 

 

今日の記事は、

 

小学生時代に通っていて、

 

20歳を過ぎてからしばらく補助指導員として働いていた、

 

適応指導教室の話を書こうと思います。

 

 

 

私が適応指導教室にたどり着いたのは小学4年の3学期だったと記憶しています。

 

在籍校に通えなくなったのが、小学3年の秋頃なので、

 

不登校になってから約1年強が経った頃ですね。

 

 

 

最初通い始めた頃は、自分より2つ年上の、6年生の女の子が多く通っていて、

 

正直ビビり散らかしてましたね(笑)

 

特になにをするでもなく、

 

誰もいない部屋で1人ボーッと突っ立っていた記憶があります。

 

でもそれがひとつの始まりであり、大きな経験の第1歩でした。

 

最初は居心地がいいとかそれどころじゃなかったですけど、

 

1人で何もしない自分を認めてくれたのが大きかったですね。

 

家で何もせず暇してるよりは刺激があったのだと思います←

 

 

 

5年生になると、少しずつ適応指導教室が自分の安心出来る居場所になっていました。

 

なにをしたのか、どんな事を学んだかなど、詳しいことは次のブログ記事にまとめようと思いますが、

 

それはもうとっても大きな経験であり財産でした。

 

小6の卒業まで、通える日はほぼ毎日通っていたというのが、その頃の楽しさを物語っていると思います。

 

 

 

 

とはいえ、おそらく楽しかった事ばかりではないと思うし、

 

教科の勉強に対してアレルギーのように感じてしまうキッカケになったりもしましたが、、笑(←このことについてはまた今度お話しますね)

 

 

 

今こうしてそれなりに幸せに生きていられるのも、

 

ここで生きるにあたっての基礎・基本を身につけられたからだと思っています。

 

 

 

小学3年生で止まってしまった時計の針が、

 

再び動き出したかのような感覚ですね。

 

 

 

ちなみに今日からしばらく適応指導教室の話シリーズが続く予定です!笑

 

明日更新(多分)の記事では、

 

この適応指導教室での楽しかった体験、学んだことなどを詳しく書いてみようと思います!

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。