元・不登校でも、幸せです

元・不登校が、不登校支援のNPO設立!? 「ゆとりある」代表くげぬまによる個人ブログです。

子どもと関わって思うこと ~子どもの力、無限大~

こんにちは!

 

不登校だった人、くげぬまです!

 

 

 

2021年5月現在、私は以前記事で紹介した通り、

 

「ロビンソン」という団体で不登校児童の居場所作りに携わっています。

 

先週4月30日は、緊急事態宣言中のため青梅市内の施設が使うことが出来ず、

 

近隣の公園で2人の参加者(姉妹)と共に、大人子ども関係なく遊んできました。

 

6時間ほどみっちり遊んで疲れましたが(笑)

 

いい経験になることができました。

 

詳しくはロビンソンのHPも見てみてくださいね!

 

omerobinson.jimdofree.com

 

 

大人子ども関係なく、と先ほど書きましたが、

 

居場所の主役はもちろん子どもで、遊びの中心も、もちろん子どもたちです。

 

小学生の姉妹2人が参加してくれたわけですが、

 

最初は砂場で泥団子を作って遊ぶ、という話になっていました。

 

二人で仲良く遊んでそれを見守る、、、という形を当然想像していたのですが、

 

気付いたら砂場に大きな川やダムを作ることになって、

 

私と、姉妹のお父さんは、気づいたらビニール袋で水道から水を運ぶ係になっていました(笑)

 

かなり疲れますし多少面倒?とも思われる作業なのですが、

 

子どもたちがやりたいと思ったことだからか、不思議と文句も出ず大真面目に何十往復も水道と砂場を行ったり来たり。

 

ただ泥団子を作るだけでも大きなことのような気がしますが、

 

一体感をもってみんなで大きな作業が出来たことが、小さな実績であり自信となるのではないかなと思います。

 

 

 

学校へ通うことが出来ない彼女たちにとって、

 

きっとこういった体験は大きなものなんだろうなだと思いました。

 

それと同時に大人である私たちも、子どもたちの可能性を感じさせられる一日でもありました。

 

5~6時間も子どもたちと公園で真剣に遊ぶ体験なんて、なかなかできないですからね!

 

 

 

居場所に来てくれた彼女たちは、「学校」という場所になじむことが出来なくて、

 

学校へ毎日通っている同級生たちと同じような経験を積むことはできていません。

 

しかし、こうして機会や場所を作ってあげることで、

 

学校では出来ないような自由な遊びや体験をすることができます。

 

決して学校批判をするとか、この居場所がすべてとか、そういうわけではありませんが、

 

これだけ可能性を感じさせる彼女たちにとって、大きな場所になっていけたら嬉しいですね。

 

 

緊急事態宣言の延長も考えられる今、先が見えないことも多いですが、

 

出来ることから少しずつ、行動していきたいですね!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

緊急事態宣言について

こんにちは!

 

不登校だった人、くげぬまです!

 

 

 

数日前より、私が住んでいる東京都をはじめとして、

 

関東・関西の4都府県に緊急事態宣言が発令されました。

 

自分達の団体「ゆとりある」では今のところ大きな影響はないものの、

 

宣言が延長されると今後のイベントにも影響が出てきそうです。

 

前回お話した東京都青梅市での居場所「ロビンソン」も対応に追われています。

 

 

 

感染症という見えない敵に対して、私たち一般市民に出来ることは多くありません。

 

手洗いや消毒を徹底し、極力外出を控えるなど、出来ることからコツコツとやっていくしかないですね。

 

 

 

しかし、我々大人だって大きなストレスを抱えているこの時代。

 

子どもたちは想像できないほどもっと多くのストレスを感じていると思います。

 

今しかできない貴重な経験の場所を奪われていることは事実だからです。

 

当たり前のことかもしれませんが、

 

子どもたちに「大人の対応」を求めるのは非常に酷です。

 

子どもは子どもらしく生きていてほしい。

 

それが私の本音であり、求めている本質です。

 

 

 

相手は未知なる感染症ですので、仕方ない部分はあります。

 

出来ることが限られてきて、我慢しなければいけないこともあります。

 

 

勉強はいつでもできる。遊びも我慢できるかもしれない。

 

でも、子どもの成長は待ったなしです。

 

進路の問題なども絡んできますし、本当に待ったなしなんです。

 

その点については、大人の理解がとても必要になってきます。

 

 

 

自分自身、具体的な解決策等が思い浮かばなかったり、

 

何もできない自分との葛藤もあります。

 

しかしそんな時期でも、そんな時期だからこそ、

 

「緊急事態だから何もできない」

 

そういう考え方ではなく、

 

「この状態でも出来ることは何か」

 

「こんな時だからこそできることは無いのか」

 

そういう前向きな考え方で生きていきたいですね。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

最近の活動について ~居場所作りのお手伝い編~

こんにちは!

 

不登校だった人、くげぬまです!

 

今回は、自分たちの団体以外での個人活動についてのお話をさせてもらおうと思います。

 

 

不登校支援の活動をするにあたって、どうしても直面するのが、

 

「子どもたちの居場所」についての問題です。

 

前の記事で取り上げた、我々の団体ゆとりある主催の「みんなの会」も、

 

子どもたち主体の遊び場のような場所とは少し性質が異なっているため、

 

今の段階で不登校児童の居場所として機能するかと言われると少し微妙な所です。

 

 

 

そんな問題をずっと考え続けてきた人たちがいます。

 

ゆとりあるよりもずっとずっと先輩の当事者団体、東京都青梅市で活動する「ロビンソン」さんです。

 

omerobinson.jimdofree.com

 

これまで「親の会」を開催しながら居場所についても考え続けていたロビンソンが、

 

この4月から子どもたちの居場所として、新たな試みを始めました。

 

それが、不登校の子どもたちのための居場所 ロビンソン」です。

 

詳細は、青梅市の地域情報を発信するサイト、「OMEGOCOTI」さんにも掲載されています。

 

omegocoti.com

 

このロビンソンによる居場所は、

 

「ありのままを、あたりまえに」というゆとりあるや私個人としての理念とも一致し、

 

まずはくげぬま個人として応援もしたいという形となりました。

 

そして、子どもと関わるスタッフとして、可能な限り毎週金曜日の居場所作りにスタッフとして関わらせてもらってます。

 

 

ここでは決められた時間割やプログラムはなくて、

 

子どもたちが主体性をもって「自分たちで決める」ことを大切にしています。

 

こういう場所って当たり前のようであんまり存在しないんですよね。

 

まだまだ始まったばかりで、皆さん手探りな部分もあるようですが、

 

1から作り上げていくことは個人としても大好きですし、

 

その場所に関われているということは本当に幸せな事です。

 

 

今後もずっと続いていけばいいなと思っていますし、

 

この活動を参考にして、いつか自分たちでも同じような場所が作れたら、、、

 

そんな風にも思っています。

 

 

先のことは置いておくにしても、今できることを最大限発揮して、

 

ロビンソンの居場所作りに貢献できるように、

 

そして子どもたちの成長と幸せな時間・場所を共有できるように、

 

出来ることから頑張っていきたいと思います!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

最近の活動について ~NPOゆとりある編~

こんにちは!

 

不登校だった人、くげぬまです!

 

 

最近ブログを更新できていなかったということで、

 

ここのところの活動について、近況報告という形でさせてもらえればと思います。

 

 

まずは、私が代表を務めるNPO法人ゆとりある」についてですが、

 

3月が事業年度終わりということで、決算やら総会を行っていました。

 

この3月でメンバーが結構入れ替わって、その手続きも行っていました。

 

まあこういう団体運営の中の部分は一回置いておくとして、、、

 

 

 

新体制初の公の活動として、今週の月曜日(4/19)にイベントを開催してきました!

 

活動拠点の東京都立川市にある錦学習館にて、

 

「みんなの会 のんすく」と称する新たな会を立ち上げて、

 

新生ゆとりあるとして大きな1歩を踏み出すことが出来ました!

 

 

最初は誰も来ないで、スタッフだけがしゃべる時間が過ぎていくのかな、、、

 

なんて思っていましたが、

 

なんと始まってすぐに1人目のお客様が!

 

しかも(おそらく)会場から1時間くらいかかる場所から、

 

不登校気味だった過去を持つ、我々と同世代の若い男性が来てくださいました!

 

 

「みんなの会」とは言いつつも、まずは不登校に悩む保護者さんが中心になると思っていたので、

 

とても驚きましたが、ものすごくうれしかったですし、ありがたかったです。

 

 

その他にも3名の方が参加してくださり、

 

それとは別に、錦学習館の中にある教育支援センター(旧・適応指導教室)の先生も様子を見に来てくださいました。

 

この先生は私と団体メンバーの一部もお世話になった恩師なので、いつかまたブログ記事にまとめますね。

 

 

このほかにも、みんなの会とは別の講座形式のイベントや、

 

パーソナルサポート、電話などでの相談事業も進めていくために、

 

今後メンバー内で打ち合わせを重ねていきたいと思っています。

 

 

 

「みんなの会 のんすく」をはじめ、ゆとりあるの活動については、

 

ゆとりあるのHPも是非ご覧ください!

 

yutreal.com

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

久々の更新!

こんにちは。

 

不登校だった人、くげぬまです!

 

 

本当に久々の更新になってしまいました、、汗

 

ブログのことはいつも頭の片隅にはあったのですが、

 

どうしても団体運営やイベント開催のことで手が回らなくなっていました。

 

 

一回怠るとそのまま放置になってしまうのは私の悪い癖です。

 

本当に反省して、また今日からマイペースながら頑張っていこうと思います!

 

とりあえず今日の次の更新から、近況報告など行っていきたいと思います。

 

改めて、よろしくお願いします!

言葉の捉え方の話 〜ひとつの言葉に、いろんな意味〜

こんにちは!

 

不登校だった人、くげぬまです!

 

 

今日のテーマは、「言葉の捉え方」についてです。

 

ある時から、個人的にふと疑問に思うことがあるんです。

 

それは、一つの言葉に対して、一つのイメージしか持てない人が多いのはなぜなのか?

 

ということです。

 

例えば「テレビゲーム」と聞いたときに、あなたはどんなイメージを抱きますか?

 

「ただの遊びだ」とか「目が悪くなる」とか、

 

場合によっては「暴力的に育つのではないか」とか、ネガティブなイメージを抱く人も少なくないのではないでしょうか。

 

そのイメージ自体否定する気はないですし、大きく間違ってはいないのかもしれません。

 

ただし、「テレビゲーム=ネガティブなこと」ではないと思うんです。

 

ネガティブな要素も持ちながら、必ずポジティブな要素も持ち合わせている。

 

 

 

必ずと言っていいほど、一つの言葉・事柄にはポジティブな要素ネガティブな要素が少なからずあって

 

それを両方認めることが重要だと私は考えます。

 

今やテレビゲームだってeスポーツとして職業にもなる時代です。

 

ゲームによってコミュニケーションを取れて友達ができたり、

 

攻略法を見つけるための調べ物だって立派な「努力」なんです。

 

まあそれを言うと、努力って言葉にもいろんな側面があって、その言葉が好きじゃないという人もいると思いますけどね(笑)

 

 

 

勉強はいいことでゲームはダメだとか、

 

文庫本はいいもので漫画本はダメだとか、

 

一方的なイメージによる偏った考え方は良くないと思います。

 

 

程度の差はあれど、どんな言葉・事柄にもいい面とよくない面は存在しているので、

 

想像力を働かせていくことが、家族や友人を含めた他人を認めるということにつながってくるのだと思います。

 

 

世の中には無数の言葉があって、

 

その言葉たちに対して、我々の経験や常識から、いいもの悪いものに仕分けをしてしまう現実はあると思います。

 

おそらく私にも、無意識のうちにそういうことをしていることがあるでしょう。

 

だからこそこの記事を読んだ皆さんにも、私とともに少しでも意識して言葉の意味合いをよく考えてみてほしいんです。

 

そうすると今までとは違う世界が、ちょっとだけ見えてくるような気がしています。

 

言葉・事柄について、いろいろな角度から見る習慣をつけていきたいですね。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

ただのひとりごと 〜年度末に思うこと〜

こんにちは!

 

不登校だった人、くげぬまです!

 

 

 

もうすぐ令和2年度が終わり、令和3年度に入りますね。

 

いわゆる年度末ってやつです。

 

学生にとっては、入学・卒業および進級などがある時期です。

 

社会人になると少し実感は薄れるかもしれませんが、

 

転勤や人事異動はこの時期が多いかもしれないですね。

 

 

 

私個人として、なにかこの年度末・年度始めで大きな動きがあるわけではありません。

 

というよりも、毎日小さな動きの連続という方が正しいかもしれません(笑)

 

新たなチャレンジへ向けて毎日勉強や打ち合わせを繰り返しています。

 

 

 

ただ、個人の性格としては「区切り」を大切にするタイプなので、やはり気になる時期です。

 

気持ちが引き締まると同時に、やる気やモチベーションが上がりますね!

 

一日ダラッと過ごすことも時折あるのですが、

 

だからこそこういう区切りを大切にしていきたいです。

 

前回将来の夢についての記事をアップしましたが、

 

年度が明けたら、令和3年度の目標もアップできればと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!