元・不登校でも、幸せです

元・不登校が、不登校支援のNPO設立!? 「ゆとりある」代表くげぬまによる個人ブログです。

言葉の捉え方の話 〜ひとつの言葉に、いろんな意味〜

こんにちは!

 

不登校だった人、くげぬまです!

 

 

今日のテーマは、「言葉の捉え方」についてです。

 

ある時から、個人的にふと疑問に思うことがあるんです。

 

それは、一つの言葉に対して、一つのイメージしか持てない人が多いのはなぜなのか?

 

ということです。

 

例えば「テレビゲーム」と聞いたときに、あなたはどんなイメージを抱きますか?

 

「ただの遊びだ」とか「目が悪くなる」とか、

 

場合によっては「暴力的に育つのではないか」とか、ネガティブなイメージを抱く人も少なくないのではないでしょうか。

 

そのイメージ自体否定する気はないですし、大きく間違ってはいないのかもしれません。

 

ただし、「テレビゲーム=ネガティブなこと」ではないと思うんです。

 

ネガティブな要素も持ちながら、必ずポジティブな要素も持ち合わせている。

 

 

 

必ずと言っていいほど、一つの言葉・事柄にはポジティブな要素ネガティブな要素が少なからずあって

 

それを両方認めることが重要だと私は考えます。

 

今やテレビゲームだってeスポーツとして職業にもなる時代です。

 

ゲームによってコミュニケーションを取れて友達ができたり、

 

攻略法を見つけるための調べ物だって立派な「努力」なんです。

 

まあそれを言うと、努力って言葉にもいろんな側面があって、その言葉が好きじゃないという人もいると思いますけどね(笑)

 

 

 

勉強はいいことでゲームはダメだとか、

 

文庫本はいいもので漫画本はダメだとか、

 

一方的なイメージによる偏った考え方は良くないと思います。

 

 

程度の差はあれど、どんな言葉・事柄にもいい面とよくない面は存在しているので、

 

想像力を働かせていくことが、家族や友人を含めた他人を認めるということにつながってくるのだと思います。

 

 

世の中には無数の言葉があって、

 

その言葉たちに対して、我々の経験や常識から、いいもの悪いものに仕分けをしてしまう現実はあると思います。

 

おそらく私にも、無意識のうちにそういうことをしていることがあるでしょう。

 

だからこそこの記事を読んだ皆さんにも、私とともに少しでも意識して言葉の意味合いをよく考えてみてほしいんです。

 

そうすると今までとは違う世界が、ちょっとだけ見えてくるような気がしています。

 

言葉・事柄について、いろいろな角度から見る習慣をつけていきたいですね。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

ただのひとりごと 〜年度末に思うこと〜

こんにちは!

 

不登校だった人、くげぬまです!

 

 

 

もうすぐ令和2年度が終わり、令和3年度に入りますね。

 

いわゆる年度末ってやつです。

 

学生にとっては、入学・卒業および進級などがある時期です。

 

社会人になると少し実感は薄れるかもしれませんが、

 

転勤や人事異動はこの時期が多いかもしれないですね。

 

 

 

私個人として、なにかこの年度末・年度始めで大きな動きがあるわけではありません。

 

というよりも、毎日小さな動きの連続という方が正しいかもしれません(笑)

 

新たなチャレンジへ向けて毎日勉強や打ち合わせを繰り返しています。

 

 

 

ただ、個人の性格としては「区切り」を大切にするタイプなので、やはり気になる時期です。

 

気持ちが引き締まると同時に、やる気やモチベーションが上がりますね!

 

一日ダラッと過ごすことも時折あるのですが、

 

だからこそこういう区切りを大切にしていきたいです。

 

前回将来の夢についての記事をアップしましたが、

 

年度が明けたら、令和3年度の目標もアップできればと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

夢って大切!?その3 〜私の夢と目標について〜

こんにちは!

 

不登校だった人、くげぬまです!

 

 

なんとなく連続で「夢」についての記事が続いていますが、今回もお付き合いいただければ幸いです。

 

前回あと2つの記事かなと書きましたが、あまり長くなってしまっても仕方がないので、

 

今回の記事で一旦区切りにしようと思います。

 

 

今回は、私自身の夢や目標を一つずつ紹介していきます。

 

完全に個人的な話になってしまいますが、何かのヒントになればと思い紹介させてもらいます。

 

最後まで読んでいただけると、とても嬉しいです。

 

 

1.誰もが「ありのままの姿」で生きられる社会を目指す。


これが私の、一番大きくて難しい夢かもしれません。

 

私一人でどうにか出来る問題でもないですし、社会全体の意識が変化していかないと実現できないことだからです。

 

ただ、個人としても団体としても、何より叶えたい目標でもあります。

 

不登校」という課題に向き合っているわけですが、その言葉が決して負のイメージを抱かれないくらい、

 

あるいは不登校という言葉自体が無くなるくらいの社会を目指していく。

 

それくらいの覚悟と決意を持って活動・行動していきます。

 

 

2.NPO団体「ゆとりある」を守り抜き、より誇れる団体とする。


1個めの夢を叶えるにあたって、私が理事長をつとめるNPO団体「ゆとりある」の存在は欠かせません。

 

この「ゆとりある」を守り抜く責任がありますし、もっと大きく立派な団体にしていかなければいけないと思っています。

 

今は規模も小さく、活動の幅も広くないですが、いずれは多くの人にとって必要とされる団体にしていきます。

 

もっと皆さんに誇れる団体になれるように、、、

 

これからも努力を続けていきます。

 

 

3.JR全線完乗する


ここからは完全に個人の趣味の話です(笑)

日本全国に路線網を張り巡らせているJR。

 

実際に乗れる会社として、JR北海道JR東日本JR東海JR西日本JR四国JR九州の6社が存在します。

 

オンラインでどれだけ乗ったかは記録しているのですが、

 

2021年3月現在、JR全線13871.1キロのうち、70.86%を乗車済みだそうです。

 

残りの30%弱の路線を全て乗るのが昔からの目標としてあるので、

 

いずれ達成したい目標です。

 

 

4.日本全国駆け巡りたい!


3つ目の目標達成も兼ねてなのですが、日本全国を巡るのが夢としてあります。

 

実際に毎年色々なところに行きますし、どの時点で達成になるかわからないのですが(笑)

 

全国に足を運ぶ理由は何だっていいんです。

 

趣味として野球・サッカーを中心としたスポーツ観戦(応援)がありますので、

 

プロ野球Jリーグの試合を見に行くのも続けていきたいです。

 

また不登校支援の活動でも、全国に必要な方たちがいるのであれば、

 

全国駆け巡って講演などしてみたいなという想いもあります。

 

あまり観光地を巡るというのは得意じゃないのですが、

 

その現地の雰囲気を楽しんだり、特産品の食べ物を食べたりして、

 

地域を応援することもしていきたいです。

 

 


さて、今回は以上4つの夢・目標を挙げさせてもらいました。

 

叶うかどうかよりも、この夢を持つことで「今後のモチベーション」につながることが非常に重要だと思っています。

 

夢を持っていることで、それだけで頑張れる部分もありますからね。

 

 

これからも夢を大切にして、前向きに進んでいきたいと思っています!


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

夢って大切!?その2 〜夢は誰でも持てるもの〜

こんにちは!

 

不登校だった人、くげぬまです!

 

 

今日も、前回に引き続き「夢」についてのお話をしようと思います。

 

最後までよろしくお願いします。

 

 


いきなりなんですけど、夢って、「叶うかどうか」よりも、「持つことに意味がある」と思うのです。

 

そこに現実的かどうかは関係ありません。

 

叶う可能性が現時点で1%に満たなくても、夢を諦めた時点で未来永劫0になってしまうのです。

 

現時点で本当に難しいと思っていても、努力、出会い、運などでなんとかなるかもしれない。

 

なんとかなるかもしれないということは、なんとかならない可能性ももちろんあります。

 

しかし、そこまでのプロセスや経験を積む機会すら、最初から諦めてしまったら何も残らないのです。

 

 

そして、「夢を持つ権利」は誰にでもあります。

 

このブログの主題は「不登校」ですから、そこに焦点を当ててお話させてください。

 

よくありがちなのは、不登校の子どもが夢を語ったときに、

 

不登校なのに何言ってるの」

 

などと言うような言葉をかける大人が少なくないということ。

 

私からすると、「???」と疑問符しか浮かびません

 


学校に居づらさを感じたり、楽しさを見出だせない子どもが夢を持つってこと、

 

これってとんでもない可能性だと思いませんか???

 

前のブログでも話した通り、私自身が不登校の時代に将来の夢といったものはあまり思い浮かばない人間でした。

 

だからこそ、関わっている不登校の子どもで夢がある子たちって、本当にすごいなって思うんです。

 

そして、その夢は極力叶えられるようにサポートしてあげたいし、何よりもその夢そのものを大切にしてあげたい。

 


夢の形や大きさは自由だと前の記事で述べましたが、

 

夢を持つ理由も自由だし、誰にでも夢を持つ権利は当然あるものと考えます。

 

誰もが自由に将来の夢・目標を言える環境を作ることは、大人の責任なのだと思いますから、

 

常に意識して生きていきたいですね。

 

 

夢についての記事はまだまだ続きます!(多分あと2記事ほど!笑)

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

夢って大切!?その1 〜夢のカタチに決まりはない〜

こんにちは!

 

不登校だった人、くげぬまです!

 

 

 

今日は「夢」についてのお話をしようと思います。

 

「夢」というのは「将来なりたいもの・やりたいこと」「目標」のことですね。

 

 

夢というものは、持っていると将来に向けてとても大きなモチベーションになるものだと思います。

 

夢を持つことは素晴らしいことで、多くの人に夢を持って生きてほしいです。

 

 

ただ、「夢を持ちなさい」って他人が言うのも違う、とも思うんです。

 

実際に不登校だったときの私に、「夢って何ですか?」と言われても何も思い浮かばなかったはずです。

 

それはなぜかといえば、当時は夢を持つとかそれどころじゃなくて、

 

毎日生きていることに精一杯だったからだと考えます。

 

 

 

「夢を持つのは素晴らしいこと」と先ほど自分で述べましたが、

 

決してハッキリ言える夢がないからと言って、それはそれでいいのかなと思うのです。

 

夢は持たされるものでも、無理やり持つものでもなくて、

 

生きている中で自然と生まれてくる夢こそ意味があると私は考えます。

 

 

 

「夢」と一口に言ってみても、

 

比較的叶えやすいハードル低めの夢と、すぐには叶うはずもなく一生かけても難しいかもしれないハードル高い夢、

 

いろいろな大きさや形の夢があります。

 

「来週のテストでいい点数を取ろう!」という短期的な目標だって、

 

「宇宙飛行士になりたい!」という壮大で難易度の高い目標だって、

 

「宝くじに当たって大金持ちになりたい!」という自分の力で(おそらく)どうしようもない目標だって、

 

みんな「将来の夢」だし、それによって少しでも今を頑張って生きれるならそれでいいと思うんです。

 

難易度、大きさ、形。

 

いろいろな種類があって、それでいい。

 

小さいから、大きいから。

 

簡単だから、難しいから。

 

そんなもので夢の価値を決めつけてはいけないのです。

 

どんなものだって素敵で価値のある夢なのです。

 

 

特に子どもは、大人が思うよりも突飛で奇抜な夢を語りがちです。

 

「え、なんでそんなことを?」って思うこともあるかもしれません。

 

それでも、その子そのものを表すとても重要なメッセージだと思うのです。

 

そのメッセージを、我々大人が大切にしていきたいですね。

 

 

 

夢についての話は、次の記事に続きます!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

私自身を見つめる ~自分自身の、あたりまえ~

こんにちは。

 

不登校だった人、くげぬまです!

 

2日間更新できずにすみませんでした、、

 

疲れていたり、忙しい時には更新できないときもありますが、

 

温かい目で見守ってくださると助かります。

 

今後ともよろしくお願いします!

 

 

今現在は、私が代表を務めるNPO法人「ゆとりある」の、

 

今後の活動についての打ち合わせ、調整などを進めております。

 

先日もブログに書いたように、「みんなの会」を作ることは決まったのですが、

 

そこへ向けて各方面と協議したうえで、実際に動き出すための準備中です。

 

 

 

私個人としては、毎日前向きに行動が出来ていて、ブログの名前のように幸せに過ごしています。

 

少し前なら、一つ失敗するごとに、あるいは否定されるごとに落ち込んで、

 

しばらく行動できない時期に入ってしまったりもしました。

 

今は、守るべき団体と、自分のやりたいこと・したいことへ向かって、

 

一つ一つポジティブに行動できています。

 

 

昔の私と今の私。何が一番違うのかと言えば、

 

「自分を認められているかどうか」

 

だと思っています。

 

私自身決して立派な人間ではないですし、自分のことが好きというわけでもありません。

 

しかしそれでも、「それなりの自分」を認めることが出来るようになったのが大きいのだと思っています。

 

出来ないことが多い自分自身を認めながら、出来たことは自分をほめてあげる。

 

怒られたり注意されたことは真摯に受け止め反省しながら、人からほめてもらったことは素直に喜ぶ。

 

これを自然にできるようになった時に、すごく生きやすくなりました。

 

 

 

「ゆとりある」の理念として、「ありのままを、あたりまえに」という言葉があります。

 

まずは、自分の「ありのまま」を自分自身で認めることが、この活動の第一歩だと考えています。

 

 

 

これからも、自分自身を大切に、無理をせずゆとりをもって、活動を進めていけたらと思っています。

 

改めてこれからも、よろしくお願いします!

 

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

団体の打ち合わせ 〜みんなの会を作ります〜

こんにちは!

 

不登校だった人、くげぬまです!

 

 

今週の火曜日9日に、「NPO法人ゆとりある」の今後へ向けた打ち合わせをしてきました。

 

理事メンバーを中心に、色々と有意義な話し合いができました。

 

今後事業を進めていくに向けて、

 

いわゆる「親の会」のようなものを開きたいねという話になりました。

 

ただし、不登校児童の保護者が中心となる従来の親の会ではなく、

 

私のような不登校経験者、教員の先生方、地域の人達へも幅広く興味を持ってもらうべく、

 

「みんなの会」と名付けて進めていくことになりました。

 

 

経験したからこそわかること、気づいたこと、想像できること、

 

そのようなものをお話できる会にしていきたいと思っています。

 

 

詳細が決まり次第こちらでもご案内しますので、もうしばらくお待ち下さい。

 

その他の事業も案内できるようになるまでもう少しお待ちいただければと思います。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!